おしゃれの基本は目元から

注射

自分の理想の目元を作ろう

日本で最もよく行われている美容整形が、二重術です。様々なクリニックで行われており、人気も集めています。それだけに二重の整形手術の方法は様々で、他の施術、例えば目頭切開や脂肪除去などと併せて行われることも多いのです。理想の二重のラインを手に入れるためのポイントにはどんなことがあるのでしょうか。二重の美容整形を行う場合、最初にハッキリさせておきたいのがどのような二重ラインを希望しているのか、という点です。幅広でクッキリとした西洋人のような二重がよいのか、それとも自然な末広タイプにしたいのか、それによって受ける整形手術の種類が異なってきます。最もよく行われている整形手術は埋没法でしょうが、しかし埋没法では形成できない二重もあるのです。この辺りを事前にきちんと確認しておくことが、整形を成功させるポイントでしょう。また、二重の整形を望む方に時々見られるのですが、二重だけに固執する方がいます。しかし、目元と言うのは二重にすればそれでスッキリと大きく見える、というものではありません。脂肪がついて、ぽってりと瞼が厚いことで目元が細くなっている場合には、脂肪を除去してやる必要があるのです。その場合には、埋没法よりも同時に脂肪除去も行える、全切開法や部分切開法が向いています。特に、全切開の場合にはラインを自分の好きな位置に決めることができますし、脂肪もしっかり除去することができますので、瞼の厚いタイプの方にはピッタリでしょう。埋没法が簡単そうでいいから、流行っているから、切開法にした友達の目元がステキだったから、こんな理由で施術を決めていませんか。自分の希望や目の状態に合わせた施術が、結局は一番魅力的な目元を演出してくれるに違いありません。

手軽さと持続力の両立

整形の中では最もポピュラーな二重術ですが、中でも埋没法は手術時間が短く、費用もリーズナブルということで、受ける方がたくさんいます。学生さんなど若い女性の人気も高いでしょう。確かに失敗しても修正が可能ですし、ダウンタイムが短く仕事や学校をあまり休まなくとも受けられるといった利点の多い埋没法ですが、切開法に比べると形成できる二重に制限がある、元に戻ってしまうことがある、といったデメリットがあります。そこで、各クリニックでは結ぶ糸の素材に工夫を凝らしたり、結び方を開発したりして持続性を高めているのですが、今後はますますこの持続性について進化していくのではないでしょうか。埋没法という二重術が生まれてから、ずいぶん時が経ちました。その間、手術法はどんどん進化して行き、より持続性のあるものへと変わって行っています。これからはその点がさらに進み、埋没法でもほぼ半永久的な整形が可能になるのではないでしょうか。また、今でも二重術は目頭切開や目尻切開、脂肪除去など様々な施術と組み合わせることで、より理想的なラインを実現していますが、今後はますます様々な施術との組み合わせが模索されていくのではないでしょうか。そうすることで、手術は手軽だけれどもより持続性の高く印象的な二重が実現していくことでしょう。目元の印象は顔全体の印象に反映します。生まれつきの目だからと、あきらめないでください。目元は変わります。整形で、理想の目元を手に入れて、自分の顔を思い通りに演出してみませんか。