目は変えられる

微笑む女性

願いをかなえる

自分の顔の中で、特にここを治したいと思うところはありますか。腫れぼったいまぶたを変えたいと思っている人はかなり多いです。日本人らしいとも言えますが、あまり腫れぼったいまぶたでは周りからの印象にも影響が出てしまいかねないので変えたいと思うこともあるかもしれません。最近は、外国人の顔を見ることも多くなりましたし、テレビや雑誌などで活躍している芸能人の顔を見るとはっきりとした二重の人が多いです。見ているうちに、自分もそういう目になりたいと強く願うようにもなるでしょう。以前は、二重に整形するならメスを入れると言われていましたが、今は必ずしもそうではありません。糸を使って二重のラインを作ることができるようになりました。これまで、切開するならやめておこうと思った人も糸でラインをつけるだけならやってみようと思うようになっています。しかも、糸を取ってしまえば元のまぶたに戻りますから、より整形に踏み切りやすくなっているのでしょう。前から変えたいと思っていた人が、自分のまぶたを変えやすくなっています。これは、埋没法が開発されたからこそではないでしょうか。切開法では手術後はしばらくまぶたが腫れてしまいましたが、埋没法ならそこまで腫れることはないでしょう。長期休暇を利用しなくても手術しやすくなったことも人気が高まった理由の一つです。二重にしたいという強い願いをかなえやすい環境が整いました。費用も切開法より抑えられているので、より多くの人が自分の願いをかなえやすくなったのです。

治療法は細かく分類

実際に整形をと思った時、クリニックにもよりますが、かなり治療法が細かく分類されていることがあります。同じ切開法だと思っていてもよく説明を受けてみるとどこをどれくらい切開するのか、その影響はどれくらいかがかなり違っていると感じるでしょう。特に切開法の場合は、メスを入れる方法なので詳しい治療内容を知っておくことが重要です。整形が身近にはなりましたが、需要が高い分、それぞれの需要を満たすためにたくさんの治療法が確立されています。だからこそ、自分に合った治療法を見つけるためによく医師と相談しましょう。特に二重整形の症例数が多かったり、人気が高いクリニックの場合はメニューが多かったりすることがあります。メニューの数が多いほうが選ぶ時に悩むでしょう。もちろん、無料カウンセリングがありますので、そこで医師と良く相談した上でどんな治療をするかを決めます。自分だけの判断ではありませんが、医師と相談するときに自分がどんな二重になりたいのかを説明で切る必要はあります。そのためにも、どんな治療を受けられるのかまで調べた上でクリニックを選ぶことが大事です。大きく分けると切開法と埋没法と言うことにはなりますが、細かく分類しているクリニックも少なくありません。どこのクリニックにするかを決める際には、治療法や症例写真なども参考にすると良いでしょう。症例写真を見て、自分もこうなりたいと思うこともあるはずです。クリニックへ行く前に二重整形についてよく調べておいたほうがカウンセリングもスムーズになるでしょう。